TOP > 事業内容 > ソリューション > システム開発不要なバーコードソリューション

すぐに使えるシステム開発不要なバーコードソリューション

読み取ったバーコード情報、データの後処理に困っていませんか? 

システム構築は不要、データ収集から集計・管理をもっと簡単に!

 

 

読み取ったバーコード情報は転送によりクラウドで自動集計され
その後の運用は、パソコンで一括表示・管理が可能です

 

リーダー本体の操作画面は、開発不要でカスタマイズが可能
管理パソコンの設定画面で行う変更・修正と
連携します

 

 

バーコードデータの収集、データのリアルタイム管理を一貫サポート!

___ 
_ Step1 Step2 Step3
 

画像もバーコードも
簡単読み取り

一箇所にデータを
自動集計

パソコンで収集データの管理

 

■ バーコードリーダーでのデータ収集作業を簡単に
■ 読み取ったデータはクラウドに保存・集計
■ 収集データは、PC画面で確認
■ 棚卸しから来場者管理まで、様々なシーンで利用可能

 

特別な開発は必要ありません 

読み取りたい項目はすぐに追加、不要な項目はすぐに削除
バーコードで読み込む項目の変更はパソコンでいつでも可能
変更した項目はバーコードリーダーに即反映
特別なシステム開発は、全く必要ありません


  パソコンで入力項目の追加・削除                即反映


_

具体的な事例でご紹介

[CASE STUDY] 
建設現場の工程管理業務をシステム開発なしで効率化
 
システム開発なしですぐに使い始められることを、建設現場の工程管理業務を例にご説明します。

このソリューションを導入した結果、
   工程の記録が簡単に出来るようになる
   集計や報告書作成が省力化・自動化できる

等の業務効率化効果が得られます。
 
以下に、実際の画面でご利用の手順をご紹介します。

■新規システム用管理メニューの作成

パソコンの管理画面で、新規管理メニューを作成します。
今回は「工程管理」メニューを作成します。

今後、この管理画面から収集するデータ項目の設定や収集したデータの確認・管理等を行います。


■必要な入力項目の追加
収集するデータ項目の設定は、パソコンの管理画面で追加するだけです。
工程管理用に「担当者、日付、工程、現場情報、現場写真」を設定することにします。



■入力項目をバーコードリーダーにダウンロード
パソコンの管理画面で作成したデータ項目は、バーコードリーダーに即反映されます。
複数のバーコードリーダーを使用する場合にも、端末用アプリの再インストール等の面倒な個別作業は必要ありません。
バーコードリーダー画面に[工程管理]メニューが追加されました。
  [バーコードリーダー画面]        
  ____ __ 
 

■入力項目の追加・削除
通常のシステム開発では手間やコストのかかる入力項目の追加・削除が、 パソコンの管理画面で指定するだけで簡単に完了します。
 例えば、試験運用で項目の追加・削除が必要になったという場合にも即座に対応出来ます。
試験運用の結果、バーコードリーダー読み込み時に自動的に日付も記録されることが分かったので、データ項目から [日付] を削除することにします。



■入力項目変更、利用開始
パソコンの管理画面で変更した項目は、すぐにバーコードリーダーに反映されます。
パソコンで削除した[日付]が、バーコードリーダー端末でも削除されました。
さあ、利用開始です。
[バーコードリーダー画面]                
_

パソコンで

項目[日付]削除

_
_  


利用開始

_
        バーコードリーダーに即反映      データ読み取り



■読み取ったデータはクラウドに送信、パソコンでデータを管理・活用

現場の各バーコードリーダーから送信したデータは集約され、パソコンで一括管理・活用が可能です。
クラウドシステムだから、作業現場から離れたオフィスのパソコンからも利用可能です。
事務所やオフィスのメンバーが、先行して集計や報告書作成に入れます。  

[バーコードリーダー画面]        [パソコン画面]
_

データ送信

_


その他機能

マスターDBの活用
データをマスターDBに登録しておけば、バーコードを読み込んだだけで、データの内容を表示・記録することが可能です。
バーコードと名称は、自由に設定出来ます。




他システムとの連携
収集したデータはCSV形式で出力が可能です。 また、画像データのダウンロードも可能です。
他システムとの連携もスムーズに行えます。

[既存システム等]
_

サービスの特徴

・クラウドサービスだからサーバ、ソフトは「所有」ではなく「利用」
 資産や保守体制を持つ必要がなく管理負荷やコストが大幅削減

 

・多拠点・多店舗からでも作業結果がクラウド上に蓄積され、遠隔地からでも容易にアクセス可能

 

・簡単設定、簡単操作でお客様の要望に沿った運用が可能
 クラウドサービスの利用で作業効率向上

 

 

 

ご提供方法

◆本サービスのご利用には、以下が必要です。

 

◆データを収集するためのスマート端末PM200もしくはEDA50K(レンタル) 

◆e-Cloudサービス利用権(月額利用料)

 

______

 

 

 

______

 

Scanpal EDA50K 

Android&高性能CPU搭載SIMフリー業務用スマートデバイス

高性能な読み取り機能&アプリケーション開発対応

  

Scanpal(スキャンパル)EDA50Kは、Androidと高性能CPUを搭載した業務用マルチデバイスです。
耐久性、快適さ、便利さ、ポータブル性を完璧に融合させた軽量デザインで、ポケットにも入る小型サイズです。
大きなストレージ能力や高精度なデータキャプチャ機能を備えています。
1台で複数の業務に対応できますので、多数のデバイスや書類を持ち歩く必要がなく、大変便利です。

 

・1次元・2次元シンボルを360°全方向からスムーズに読み取り
・低品質・ダメージバーコードの読み取りも可能
・カラー画像の撮影が可能
・Honeywell SDK for Android and Windowsにより

  アプリケーション開発が可能
・IP54準拠の防塵防滴性能、耐落下1.2mの堅牢ボディ
・無線LAN、Bluetooth、SIMフリー対応

 

 

 

 

PM200                 

1次元・2次元・OCR対応 Windows CE 6.0 IP64
   ローコスト×高性能ハンディターミナル登場

 

 PM200は、高性能CPU TI-Cortex A8 800MHzとWindows CE 6.0 Professionalを搭載した、小型でリーズナブルなハンディターミナルです。
高性能スキャンエンジンを搭載により、1次元・2次元シンボルを360°全方向からスムーズに読み取ります。さらに、画像取得も可能です。
また、OCRオプションにより、賞味期限や伝票番号などの特殊フォントの読み取りが可能になります。

 

・IP64準拠 耐落下強度1.5m
・デジタル画像の取得が可能
・無線LAN IEEE802.11 b/g/n WLAN、Bluetoothなどの無線通信にも対応
・バイブレーション機能
・弊社オリジナルデコーダーの搭載により、OCRの拡張が可能
・WindowsCEベースにより、アプリケーション開発が容易

   

 

 

◆レンタル方式の概要

 

レンタルの流れ

・お問い合わせ

 ⇒ 無償お試しレンタル( ※使い勝手や有効性等の事前検証をお願いしております )

 ⇒ 申込書によるご注文 ⇒ お貸出し

 ⇒ お支払い(第1回目~)

 ⇒ ご返却

 

レンタルの期間(単位)について

 ・1ヶ月単位の自動継続となっております。

    ※期間が有期もしくは流動的な場合は予めご相談下さい、当社よりご提案をさせて頂きます。

    ※月額でのご請求となります。

 

ご不明な点やご要望は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム